パートの求人情報はここで探す

結婚や出産を機に退職したものの、子育てもひと段落して、そろそろパートで働きたいと考えている主婦もいるでしょう。長いブランクがあると、自分にあったパートをどう探そうか迷いますね。

よい仕事に出会うためには、できるだけたくさん求人情報を収集する必要があります。求人情報は、インターネット上の求人サイト、新聞におりこまれている求人広告やコンビニなどに無料で置いてある情報誌、そしてハローワークで集めることができます。それぞれ、どんな違いがあるでしょうか。

それぞれのメリット、デメリット

もっとも情報量が多いのは求人サイトです。パソコンやスマートフォンなどの端末でいつでも閲覧でき、希望条件で検索できるのがメリットです。またサイト上から簡単に応募できるのも魅力でしょう。ただし、地方の小さい企業などはサイトに求人を出さないことも多く、近場で探している場合はよい情報が見つからない可能性も。

折り込み広告や無料の情報誌は、地元企業の求人広告が中心ですので、地元で探したい場合に良いでしょう。ただし広告の鮮度が低く、求人内容の情報量が少ないのがデメリット。

ハローワークでもパート情報を探すことはできます。求人広告だけなら自宅のパソコンから閲覧することもできますが、応募する場合はハローワークまで通う必要があります。仕事探しに関してハローワークの職員に相談することもできます。ただし、混んでいて待たされることも多く、効率はあまりよくありません。また、ほかの媒体に比べて条件の良くない求人が多い傾向にあります。

それぞれの特徴をよく理解して、自分に合った方法で仕事を探しましょう。

ネットワークエンジニアはコンピュータネットワークの接続設定をしたり、ネットワークの障害を特定し解決するお仕事をしています。