体力よりも対応力が求められる仕事

住み込みの仕事というと、旅館などの宿泊施設やパチンコ店などの遊戯施設がまず思い浮かびますが、それ以外にもいくつかあります。たとえば、マンションの管理人がそうです。

では、マンションの管理人として住み込みで働く場合、どのような仕事を行うのでしょうか。これは管理人という名前の通り、マンションを管理するというのが主な業務になります。たとえば、通路の部分が汚れていたら掃除をする、電球が切れたら交換する、そして住民からの問い合わせに対応するといったものです。

基本的に体力が求められる仕事ではなく、誠実さ、人当たりの良さなど、精神的な部分が求められるので高齢者に向いている仕事といえるでしょう。

住人からのクレームにうまく対応する

では、実際にマンションの管理人として住み込みで働くとなった場合、どういったことに注意すればいいのでしょうか。まず、住人が持ち込むクレームにうまく対応するということが大事です。たとえば、隣の人がうるさい、あるいは異臭がするといった話を、住人はまず管理人に持ち込むことが多いからです。こういったトラブルは管理人が解決することではありませんが、だからといって突き放してしまうと、さらに大事になる可能性があるので、マンションの管理会社など、うまく本当の相談先に誘導してあげることが大切です。

また、休みの取り方が難しいので工夫しなければなりません。というのは、管理人は基本的に常駐していることが求められるからです。管理人として勤めている間は、長期で休みを取って旅行へ行くというのは諦めた方がいいでしょう。

住み込みで寮の調理や管理などをする寮の求人は、未経験でも始められます。中高年の方が多く活躍しております。