様々な現場で働く警備員の仕事とは

警備員の仕事内容は、職場によって大きな違いがあり、長く仕事を続けるため、交通誘導や施設内の巡回業務など適性に合ったものを選ぶことが大切です。

警備員の働き方や、それぞれの職場での役割について詳しく知りたいことがある場合には、バイトとして未経験者の受け入れを行っている警備会社で研修を受けることがおすすめです。

特に、警備員のバイトの勤務時間は、夜勤や宿直の回数が多いところもあり、不規則になりがちであることから、各自のライフスタイルに合った勤務先を探すことが肝心です。

また、警備員のバイトを数年にわたり継続することで、正社員として採用をしてもらえるケースもあり、安定した収入を目指す若者の間でも注目が集まっています。

条件の良い警備員のバイトの求人を選ぶには

警備員のバイトの求人の条件の良しあしは、警備会社の規模の大きさや業務の内容などによるため、興味のある仕事ができる会社の採用情報を日頃から確認することがおすすめです。

例えば、未経験者へのサポートが優れている警備会社でバイトをすることで、先輩の指導を受けながら、一人前に業務をこなせるようになり、警備に関する資格取得を目ざるといった魅力があります。

警備員のバイトで高収入を得たい場合には、三交代制の勤務体系が採用されている職場を探したり、働きながら役職者を目指したりすることが大切です。

なお、警備会社によってはバイトに対してもボーナスなどの特別手当が支給されるところもあるため、余裕をもって求人探しをすることが肝心です。

警備員のバイトは交通整理、誘導、イベント警備、監視などを行います。工事現場等、その時々で仕事場が移動になることもあれば、ショッピングモール等同じ現場に常駐することもあります。