衛生管理が非常に重要

食品工場では衛生管理が重要で、最も基本的な部分です。虫や異物の混入などの問題が発生するとニュースとなり、商品の回収や廃棄で会社は大変な損害を受けます。更にお客様が怪我をしたり死亡すれば賠償責任を負うので、会社は苦境に立たされます。近年はニュースにならなくてもSNSなどで不利益な情報が拡散されるケースもあります。なので、食品工場で働く際は衛生管理に気を配らないと会社の存続に関わると認識します。

検品作業は慎重に行う

どれだけ気を付けていても、小さな虫やゴキブリが絶対に工場内に侵入しない保証はありません。もちろん相当の対策を講じていますが、ほんの少しの隙間があれば入ってくるのです。入ってしまった以上は、食品に混入していないか見破るしかないです。お客様が気付けばクレームという形で返ってくるので、検品者は責任を追及されることになります。検品者は一人ではなく複数人で行うのが通常ですが、しっかりと連携して不良品や異物混入を見逃さないようにします。特に生産開始直後や機械がトラブルで停止した前後は不良品が発生しやすくなるので特に注意が必要です。

いつも同じ味にする意識

キャリアを積めば、仕事の幅も増えてきて検品や梱包だけでなく生産側の仕事も経験する可能性があります。一番大切なのは、常に同じ味にするということです。例えばチョコレート菓子がロットによっては甘く、ロットによっては苦いのではお客様が困惑しますしクレームにもなります。このような事態にならないようにレシピはしっかりしていますが、ケアレスミスには要注意です。

mantomanの求人情報なら