重要性の高い薬剤師の仕事の内容

薬剤師というと医師の処方せんに基づいて薬を調剤するのが代表的な仕事ですが、病院や薬局などでの薬の管理も行なっています。
近年では、病院以外の薬局で医師による処方せんを調剤する医療分業体制が進んでいるため、薬剤師の仕事はますます重要性が高くなっているのはご存知でしょうか?

薬局だけではない薬剤師の活躍の場

薬剤師は、病院や診療所、薬局を勤務先としていることがほとんどといえます。
化粧品メーカーや製薬会社などでは、製造管理者や品質管理者、研究員など調剤以外の仕事で活躍している人も少なくはありません。
勤務時間については、それぞれの病院や薬局などによって異なりますが、病院勤務の際には、日勤だけでなく夜勤がある場合もあります。

細心の注意力と責任感の強さが必須

これから薬剤師になろうと思っている場合には、人の命と結びつく薬を扱うため、専門知識のほかに冷静な判断力も必要です。
病院内の薬局では、多くの薬の調剤を短時間の間に行なわなくてはならないので、注意力や集中力も重要で、さらに患者との信頼に応じられるよう強い責任感も求められるということを知っておきましょう。

薬剤師になるプロセス

薬剤師を目指すには、大学の薬学部か薬科大学に設けられている6年制の薬剤師養成課程を修了後、薬剤師国家試験に合格しなくてはなりません。
より幅の広い分野で臨床に関わる実践的な能力が求められているため、国家試験では基本的な知識はもちろん、薬学全般の理論や医療をメインとした実践の場で必要な知識や技能、態度が問われるようです。
試験問題には、必須問題と一般問題があり、ここ数年の国家試験合格率や約6割から8割となっています。

薬剤師のシニア求人は今後増える傾向にあります。なぜなら、ドラッグストアが増加したりコンビニで薬を扱うようになってきたため、人材が不足しているからです。