白雪姫風のメイク方法

真っ白な肌と赤い唇が特徴の白雪姫メイクは圧倒的な透明感があり、プリンセスの華やかさを引き出してくれます。

まず肌は透明感を内側から出すために緑やブルーの下地を使います。顔全体に塗るのではなく、生え際や顎の先端などを除いた顔の中心部分だけに広げて自然な陰影を作ります。顔の中心にだけ光が集まり、下地を塗っていない場所はシャドーを塗ったようになるので小顔に見えるのです。全体にリキッドファンデーションを塗って、赤いチークを頬の上側、目のすぐ上に仕込みます。その上からフェイスパウダーを重ねて、ベースメイクを仕上げます。チークを事前に仕込むと自然と頬が上気したみたいになるのです。

まぶたは透明感が出る水色を薄く全体に広げて、ボルドーでキワを締めます。下まぶたは涙袋に白のシャドーを塗り、キワに赤のシャドーで透明感を出します。目元に赤色を持ってくることで、肌の内側から血管が透けて見えるようになって色素が薄く見えるのです。アイラインやマスカラは黒で統一して、派手にならないように控え目にします。

リップは赤リップを使い、グラデーションになるように内側だけに塗って外側に向かって広げれば完成です。

白雪姫風のボブアレンジ

ショートカットやボブスタイルならコテで毛先を内巻きにし、毛先にボリュームが出るようにします。リボンやカチューシャをして、白雪姫風にします。

セミロングやロングヘアーなら髪を後ろでゆるく三つ編みにし、三つ編を襟足部分に隠してピンで留めるだけです。ボブの毛先のようになる部分が出来るので、バランスを見ながら髪を引き出します。

パーティに招待されたら、ヘアメイク派遣を利用するのがおすすめです。自宅でセットやメイクをしてもらえ、そのままパーティ会場に向かうことができます。